小児科クリニックの単発バイトを選んで後悔した事は?

小児科クリニックの単発バイトを選んで後悔した事は?

一般の病院と違って、クリニックは日勤の業務だけだし、特に小児科というと他の科に比べると楽なのかも、というイメージがありませんか?

ところが、小児科の単発バイトって結構大変ですよ。

仕事が楽だというイメージだけで小児科クリニックを選ぶと後悔するかもしれませんね。

大変な理由の一番は、やっぱり大人とは違うところだと思いますよ。

大人の患者さんだったら、こちらの思い通りにある程度動いてくれますよね。

点滴や注射や採血の時にも、嫌だとしても我慢してくれます。

でも、子どもというのは、なかなか我慢する事ができないので、泣いたり暴れたり、抵抗したりがスゴくて、採血するだけでも、大人の何倍もの時間がかかってしまうんです。

それに、抵抗する子どもを押さえつける為に、スタッフも必要になります。

レントゲンを撮る時にも大騒ぎですよね。

泣き叫ぶ子どもを抱き上げて、台の上にのせて、という感じで、体力も必要になりますよ。

それと、働いているママさんが、仕事の後に子どもを連れてくるケースが多いので、受付の修了間際は待合室は満員なんです。

その為、実際に診察が終わるのは、夜の8時だったり9時だったりという時もあります。

働いているママさんは時間がありませんから、ギリギリの時間に診察に来るという気持ちもすごくわかるんですよ。

でも、正直言って大変です。

でも、これも、スタッフが充実していれば負担が軽くなるので、問題ないのかもしれませんよね。

クリニックという少人数で回している職場だから、大変なのかもしれません。

現在は、毎日のように残業があって、昼休みもまともに取れない状態、それに一日中走り回っている感じです。

イメージだけで看護師単発バイトの職場を選ぶのはいけませんね。

せめて、スタッフが増えてくれればと思っているところです。

 - クリニックの単発バイト