老人ホームでの夜勤単発派遣の仕事内容☆

老人ホームでの夜勤単発派遣の仕事内容☆

pixta_6357772_S.jpg
求人数は少ないのですが、老人ホームでの夜勤単発派遣の仕事があります。
老人ホームは、有料老人ホームと、特別養護老人ホームの2種類があります。
有料老人ホームは入所一時金が高額に必要なのにたいし、特別養護老人ホームは金額が安いので人気があり、空き待ちに数百名が何年もの間待っているということがよくあります。
老人ホームの一時金に1千万円必要など言われますよね。
高級な老人ホームになればなるほど、一時金は高いです。
一般の方が入所するのは難しいです。
このような高額な老人ホームでは、夜間も看護師が常駐している施設があります。
老人ホームは医療行為が必要な方は対象にならないので、ほとんどの方が自立していたり、介護度の低い高齢者です。
なので、夜間は安心のために看護師が常駐していますが、医療行為が必要となることはありません。
老人ホームでの看護師の役割は、入所者の健康管理です。
治療が目的ではありませんし、医療行為や治療が必要になった場合は、転院をすることになります。
老人ホームには、最期の時まで入所できると思っている方も少なくないのですが、そうではなく医療行為が必要になった時や、治療が必要な疾患が見つかった場合は転院をしなければなりません。
それは老人ホームには医療に必要な設備がないからです。
老人ホームでは、医療行為を行う設備がないので、看護師は医療行為を行うことはありません。
入所者に何か異常が発見される時や、発熱・嘔吐などの病状が現れた時は、当番医に連絡をして近医を受診します。
65歳以上の高齢者は介護保険があるので、担当のケアマネや、担当医がいるケースが多いので、状況の報告などを行います。
看護師は受診の際は必要があれば同行します。
医療行為が少ない分、精神的な負担は少ないです!
でも、一般病棟から比べるとちょっと物足りなさを感じると思います。
ダブルワークの方や、単発での派遣やバイトの方には、体力的にも精神的にも負担が少ないのでオススメですよ☆

 - 看護師夜勤の単発バイト